葉酸 妊娠初期におすすめのサプリメント

妊活をしている女性やすでに妊娠をしている女性には、葉酸が必要不可欠な栄養成分だと言うことは一般的に知られるようになりましたが、それではいつ、どの程度の葉酸を摂取したら良いのかを理解していない方は多いかと思います。

 

そこで時期によって異なる葉酸の摂取量を簡単にご紹介します。

 

■妊活中〜妊娠初期まで/400μg
■妊娠中期〜後期まで/240μg
■授乳中/100μg

 

以上のような摂取量が推奨されています。

 

このような必要摂取量を理解することによって、赤ちゃんの神経管欠損症リスクを抑えることに繋がります。
妊娠中というのは貧血を引き起こしやすいということもあり、葉酸を積極的に摂取することで貧血予防にも効果を期待することが出来ますので、すごく良い栄養素だということがわかります。

 

そして妊娠初期段階というのは先天異常の可能性が考えられ、神経、四肢、心臓などが誕生してくる時期となりますので、このような障害を引き起こしてしまわないように、妊娠する前からの積極的な葉酸の摂取が推奨されています。

 

ちなみに四肢、中枢神経、心臓というのは、妊娠10週までにほぼ全て完成しますので、この大事な時期を迎えている時に葉酸が不足してしまわないようにご注意ください。

 

このように、葉酸というのは必要な期間だけにタイミングを見て摂取していけば良いというワケではありません。
そもそも妊娠中というのは、どうしても栄養不足になってしまいますので、妊娠中期以降になっても葉酸サプリを有効的に活用するようにしましょう。